日本学術振興会
半導体界面制御技術第154委員会

welcome to home page
(since June 2001)



<お知らせ>

(2018. 6. 4)
委員名簿を更新しました。

(2018. 5. 29)
企画幹事会 議事録(2018年5月18日)を掲載しました。(本委員のみ閲覧可能)

(2018. 5. 21)
154委員会 第108回研究会は終了しました。
  日時:2018年5月18日(金)
  場所:キャンパス・イノベーションセンター(CIC)東京
  参加申込:本委員のみ(非公開の研究会です。)


<委員会設立の趣旨・目的>

 本委員会は、平成2年(1990年)4月に発足致しました。
 今後さらに進展を続ける半導体デバイスの微細化の鍵となる「半導体-半導体界面(ヘテロ界面)」、 「誘電体-半導体界面」をはじめ「半導体界面現象」に関して、産学の相補的かつ相乗的な協力体制 のもとで、学際的研究並びに最も重要な技術的問題の抜本的解決を進め、装置化を含めた「半導体界面制御技術」を 構築すると同時に、新しい科学的・技術的発展を図る産学協同開発の基盤を確立することを目的として下記テーマの下に活動しています。

  1.半導体界面制御デバイス技術の開発研究
     Siデバイス・化合物デバイス・ディスプレイ等
  2.半導体界面制御プロセス技術並びに材料物性・評価技術の開発研究
  3.半導体界面制御装置化技術の開発研究
  4.国際会議開催・講習会開催等による人材育成ならびに国際交流に資する活動



委員長
宮崎 誠一(名古屋大学大学院工学研究科 教授)

Key Word
半導体-半導体界面(ヘテロ界面)
誘電体-半導体界面
半導体界面現象

このサイトに関するお問合せはこちらまでどうぞ

up date :2010.2.26